ニキビとストレスの関係性〜メカニズムとストレス解消法〜

ニキビとストレスの関係性〜メカニズムとストレス解消法〜

思春期ほどニキビができやすいこともなかったのに、社会に出て仕事に忙しく追われたり、人間関係等にに悩む機会が多くなってから急にニキビが増え出したという経験がある人は多いと思いのではないでしょうか?

 

それくらいストレスはニキビにとって大きな原因の一つになります。ストレスが直接的にニキビを引き起こすことはもちろんですが、ストレスによる様々な体の変化などが間接的にニキビを引き起こすケースもあります。

 

つまりそれだけストレスは様々な要素からニキビを引き起こす原因になってしまうのです。以下、ストレスがニキビを引き起こす原因を詳しく見ていきましょう。

 

ストレスによるニキビの原因

ストレスは心身を緊張した状態にします。すると自律神経においては、緊張状態をつかさどる交感神経が副交感神経よりも優位になります。交感神経は男性ホルモンの分泌を促進する作用があるため、その状態が続くと男性ホルモンの量が増えていきます。

 

男性ホルモンは皮脂分泌を増やし、角質を厚くするため、毛穴が詰まり、ニキビの発生や悪化を招きます。ストレスが続いたり、どんどん蓄積したりしていくと、それに伴ってニキビの悪化も進む可能性があります。

 

思春期ニキビも男性ホルモンが影響している?

「日本人というのは、お風呂でのんびりしたいようで、滅茶苦茶入浴し過ぎたり、お肌を擦りすぎたりして乾燥肌に見舞われる人がたくさんいる。」とアナウンスしている皮膚科のドクターもいるのです。
毎度のように消費するボディソープなわけですので、肌に負担を掛けないものを用いることが大前提です。けれども、ボディソープの中には肌が損傷するものも存在するのです。
洗顔の一般的な目的は、酸化して張り付いた皮脂またはメイクなどの汚れだけを無くすことではないでしょうか?ところが、肌にとって必須の皮脂まで綺麗になくしてしまうような洗顔に時間を費やしている方もいると聞いています。
思春期ニキビの発生もしくは劣悪化を防止するためには、毎日の暮らし方を改善することが必要だと断言できます。なるだけ気をつけて、思春期ニキビを防御しましょう。
乾燥が災いして痒さが増加したり、肌が深刻な状態になったりと辟易しますでしょう。そんなケースでは、スキンケア商品を「保湿効果を標榜している」ものと取っ換えてしまうのみならず、ボディソープも取り換えてみましょう。
ニキビとストレスの関係
額にあるしわは、一回できてしまうと、一向に元には戻せないしわだと思われていますが、薄くするケアということなら、存在しないというわけではないと言われます。
基本的に、シミは新陳代謝の働きで皮膚表面まで浮き上がり、徐々に剥がれるものなのですが、メラニン色素が必要以上に作られると、皮膚に残る形になりシミへと変わるというわけです。
シャワーを終えたら、クリームだのオイルを塗って保湿するのも肝要ですけど、ホディソープ自体の成分や洗浄時の留意事項にも留意して、乾燥肌予防を意識して頂ければ嬉しいです。
お肌のターンオーバーが、とりわけ盛んに行われるのが眠っている間なので、適切な睡眠を確保することができれば、皮膚の新陳代謝が盛んになり、しみが消失しやすくなるというわけです。
肌が紫外線に晒されると、それから先もメラニン生成が止まるなんてことはなく、延々メラニンを生成し続けて、それがシミのきっかけになっているのです。

痒い時には、横になっていようとも、いつの間にか肌を掻きむしることがしょっちゅうあります。乾燥肌の人は爪を切っておくようにして、いつの間にか肌にダメージを与えることがないようにしなければなりません。
ニキビができる誘因は、世代ごとに変わってくるようです。思春期に大小のニキビが発生して大変な思いをしていた人も、20歳を過ぎたころからは1つたりともできないというケースも多く見られます。
お肌の乾燥と言いますのは、お肌の潤いの素である水分が無くなった状態ことなのです。大事な水分がなくなったお肌が、菌などで炎症を引き起こして、酷い肌荒れに見舞われるのです。
年を重ねていくに伴って、「こんなところにあるなんて知らなかった!」などと、気付かないうちにしわが刻まれているケースも相当あると聞きます。これに関しましては、お肌が老化していることが影響を齎しているのです。
一回の食事の量が多い人とか、とにかく食事することが好きな人は、日々食事の量を削ることを気に留めるだけでも、美肌に近付けると断言します。

 

生活習慣の乱れによる間接的なストレスによるニキビ

ストレスは様々な要因でカラダの不調や心の乱れを引き起こします。そして、生活習慣の乱れて間接的にニキビを招く可能性が高くなっるのです。以下のような生活習慣の乱れが当てはまる場合は注意が必要になります。

 

便秘

胃腸は臓器の中でも最もストレスの影響を受ける臓器です。逆に捉えれば、ストレスも受け入れて、身代わりになってくれているともいえます。
ストレスによって、イライラする、怒る、悲しい、憂い、クヨクヨする、などの負の感情は胃腸に深く関係してきます。このような感情は「便を緩くしたり、固くしたりする」こともよくわかっており、胃腸機能自体を傷つけて「便秘」になりやすい傾向があります。これらを「ストレス性便秘」ともいいます。

 

腸は、これらの有害物質を吸収して、血液を通して肌に運びます、そして皮脂や汗などと一緒に有害物質を排出するのです。当然、有害物質を肌から排出することでターンオーバーが乱れる原因となり、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

 

睡眠不足

おでこに出現するしわは、一回できてしまうと、おいそれとは除去できないしわだと指摘されていますが、薄くするためのお手入れ方法なら、全然ないというわけではないのです。
思春期と言われる中高生の頃にはまるで生じなかったニキビが、20歳を過ぎたころから発生するようになったという人もいるとのことです。ともかく原因が存在しているので、それを突き止めた上で、望ましい治療を行ないましょう。
自己判断で過度のスキンケアを実施しても、肌荒れの急激な改善は望めないので、肌荒れ対策を実行する時は、ちゃんと現状を鑑みてからにすべきです。
敏感肌になった要因は、1つじゃないことがほとんどです。それ故、改善することを望むなら、スキンケアなどを含んだ外的要因に加えて、食物であったりストレスを筆頭とする内的要因も再点検することが肝要になってきます。
「美白と腸内環境は全然関係なし。」と言う人も多いと思われます。けれど、美白になることが希望なら、腸内環境も完全に整えることが必要です。
ニキビとストレスの関係
そばかすというのは、元来シミが出やすい皮膚の人に出やすいので、美白化粧品を活用することで克服できたようでも、しばらくしますとそばかすができることがほとんどだと言えます。
「昼間のメイキャップだったり皮脂の汚れを取り除く。」ということが必須です。これが丁寧にできなければ、「美白は困難!」と言っても良いでしょう。
「乾燥肌には、水分を与えることが大事ですから、何と言っても化粧水がベスト!」と思い込んでいる方が多々ありますが、原則的に化粧水が直接的に保水されるということはありません。
敏感肌又は乾燥肌のケアで覚えておくべきは、「肌のバリア機能のレベルを上げて盤石にすること」だと言い切れます。バリア機能に対する手当を第一優先で遂行するというのが、原理原則だと思います。
乾燥した状態になると、毛穴の周りの柔軟性も失われてしまい、閉まった状態を保持できなくなるのです。その結果、毛穴に化粧品の残りかすや汚れ・雑菌等々が入り込んだ状態になるのです。

皮脂が毛穴の中に留まってしまうのがニキビの始まりだと考えられ、その皮脂を養分として、アクネ菌が増加することで、ニキビは炎症へと繋がり、ますます手が付けられなくなるのです。
一般的に、「ボディソープ」というネーミングで展示されている製品だとしたら、ほぼ洗浄力は問題とはなりません。だから意識しなければいけないのは、刺激が強すぎないものをチョイスしなければならないということなのです。
お肌に付いた皮脂を除去しようと、お肌を強引に擦ったとしましても、かえってニキビを生じさせてしまいます。ひたすら、お肌に負担を掛けないように、弱めの力で行なうことが大切です。
肌荒れを治したいなら、有効性の高い食品を摂取するようにして体内より元に戻していきながら、体外からは、肌荒れに効果抜群の化粧水を有効利用して修復していく必要があります。
アレルギーのせいによる敏感肌に関しては、専門機関での受診が要されますが、生活サイクルが素因の敏感肌のケースなら、それを修正すれば、敏感肌も修正できるのではないでしょうか。

 

乱れた食生活

「ストレス過多による、普段ではありえない行動」の経験を述べてもらった調査によると、1位は「暴飲暴食」でした。
「42.0%の人がストレスでのやけ食い・やけ飲みの経験があるとしている。」という調査結果からもわかるように、ストレスによるやけ食いそのものは理解できなくもありませんが、食事の質自体も変化してしまう恐れがあります。特に炭水化物・動物性脂肪の摂り過ぎは、皮脂の分泌量を増やし、ニキビを引き起こすことに繋がります。

 

 

心理学に基づいたストレスの解消法

ここまででもおわかりの通り、ストレスに関わることはニキビももちろんですが、過度になるともっと深刻なうつなどの症状を引き起こす可能性もあります。

 

ここではストレスを解消するためにとても効果的な世界でもっとも権威のある心理学団体「アメリカ心理学会」(通称APA)が提唱するストレス解消法をご紹介します。このAPAが超大がかりなストレスに関する調査を元に、科学的に実証された本当に効くストレス解消法なので、参考にしていただければと思います。

 

 

1運動・エクササイズ

 

運動・エクササイズの効用は誰しもが感じたことはあるでしょう。科学的にストレス解消の効果が実証されている点では間違いなく、短期的にストレスをやわらげるのはもちろん、長期的にストレスにも強い脳を作ってくれます。意外なほど実践までのハードルが高いのがデメリットでしょう。

 

2心を整える瞑想

 

瞑想もとても効果的なストレス解消法。血圧を下げてストレスホルモンを減らし、ネガティブな感情も消してくれます。

 

3読書

 

意外と見逃されがちなのが、読書のストレス解消効果。本を読むと知識がつくだけじゃなく、ストレスが68%も削減されるとの報告もあります。研究によれば、読む本は自分が好きなものなら何でもOKで、できれば1日30分を読書に使うと良いでしょう。

 

 

4音楽

 

研究によれば、テンポの遅い音楽を聞くだけで心拍数と血圧が下がり、実際にストレスホルモンのレベルも下がったそうです。リラックスさせる曲は自分の好みのものを選ぶのが一番良いでしょう。ヒーリングやクラシック等もリラックスにはおすすめです。

 

 

5散歩

 

天気のいい日に外を歩くのは健康にいいだけでなく、ストレスを30%も下げてくれます。お気に入りの公園やカフェに行くのに散歩でいくと、よりリラックスできておすすめです。

 

6気心知れた家族や友人と過ごす

 

友人や家族と仲が良いと自尊心と安心感が高くなり、ストレスレベルが想像以上に下がるという研究結果も出ているほどです。忙しい日常の中においてもこの時間が確実に確保出来ている人は比較的にストレスとは無縁の生活を送っているといえます。

 

7マッサージ

 

マッサージのストレス解消効果も、科学的にはかなり実証済み。臨床研究では、90分のマッサージを受けると心拍数やストレスホルモンのレベルが下がったとの報告もあります。

 

よくありがちな間違ったストレス解消法

正しいストレス解消法と、ついでに間違ったストレス解消法も知っておくいいでしょう。。

 

  1. ギャンブル
  2. ショッピング
  3. タバコ
  4. やけ食い

 

その他にもテレビゲームやネットサーフィン、テレビを見る、映画などもです。

 

あなたもこのように間違った解消法でなく、健全なストレス解消法を実践して憎きニキビを防ぐ習慣を身に付けましょう。